当院の内視鏡検査で大切にしていること

“苦痛ゼロ”の胃腸カメラ検査を目指して

健康診断や胃がん検診・大腸がん検診で異常ありと判定された、
食事が最近おいしくない、便秘気味・・・なんとなく調子が悪い・・・
このような症状があって胃腸カメラを検討していても、「胃カメラを飲むのは怖い」「苦しそう」
などのイメージで検査を先送りにしていませんか?

消化器系の疾患は、“早期治療”がカギです!早く発見して早く治療してほしい…胃腸カメラのハードルを下げることができたら…

当院では、早期発見・早期治療のためにも胃腸カメラを
もっと生活の中の身近な存在にしていただきたく ”苦痛ゼロ”を目指して
日々検査に取り組み、改善を行なっております。

まずはご来院下さい。

内視鏡検査の流れ

まずはご来院ください
気になる事、困っている事などをお伺いいたします。
ご相談の上、検査日のご予約をお取りいたします。
検査前日のお食事について
お食事は消化の良いものを検査前日の[21:00]までに済ませ、21:00以降は何もお食べにならないでください。
※ 水またはお茶は21:00以降も、検査当日もお飲みいただけます。
大腸カメラをお受けになる方で、食事に関してご不安のある方は「検査前日食事セット」を販売しておりますので、看護師にご相談ください。
検査当日のお食事・お薬について
検査当日は「絶食」です。何もお食べにならずにご来院ください。
※ 水またはお茶は検査当日もお飲みいただけます。
また、服用しているお薬のある方は、予約時に医師または看護師に必ずお申し出ください。
検査当日、お持ちいただきたい物
保険証と診察券をお持ちください。
(お薬手帳や受給者証をお持ちの方は、あわせてお持ちください。)
また、検査当日は入院に備え、服用中のお薬も必要です。
来院
受付で内視鏡検査を受けにいらしたことをお伝えください。ご案内いたします。
※ 検査の際は鎮静・鎮痛剤の注射を行います。患者様ご自身の車の運転はお控えください。
内視鏡検査
苦痛ゼロを目指した、内視鏡検査を実施いたします。
検査終了
鎮静・鎮痛剤を使用しておりますので、1~2時間ほどお休みいただいた後、お帰りいただきます。